★Season of SAKURA

今年もラシイ花見はしてないけど、サクラの季節ということで今日は次回のPodCast(Sawa-sensei)をRecしてたよ。お題はずばり、「サクラ」。

しかし、改めて日本文化を英語で伝えようとすると、普段思ってもいなかったことが不思議に思えたりして、実に勉強になります。
満開の時のオノマトペよりも、散るときのオノマトペの方が多いのは… やはり「散る様」に何かを感じる傾向に日本人は多くあるからなのでしょうか?

そんなこんなで、昨年日本語の歌にチャレンジした時に「さくらさくら」を歌った事などを思い出しつつ、探したら動画があったので。

ちなみに、私は満開よりも散り始め〜葉桜の頃が一番好きです。それでさらにサクラの花びらで絨毯みたいになってるの好き
(♡w♥)/

Not like many of my friends, I didn’t go out for cherry blossom viewing this weekend. However, I was recording Sawa-sensei Podcast corner for the coming new episode today. And its theme this time was “SAKURA”.

Like always, there are a lot to learn while I research before explaining about Japanese culture in English. This is just my guess though (couldn’t research deep enough), maybe the reason why there are more onomatopeia for the flower falling rather than when it’s full bloom is that Japanese people are tend to feel, and like to feel some kind of sentimentalism a little before it’s completely gone?

While recording my talk, I remembered that I sang Sakura Sakura as a member of Wa-League last year in Peru. And when I searched for it’s video, part of its broadcast was found on YouTube.

★Season of SAKURA」への2件のフィードバック

  1. Sentimentality in passing. . .I remember speaking with you before about a Japanese term I had encountered, something meaning roughly “the beauty of the sadness of being human.” A similar idea, or even motif?

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中