★文化 vs ドグマ- Culture versus Dogma

Active Resistance to Propaganda
プロパガンダに対する能動的抵抗

The world suffers from three evils: Nationalism, which has taken the place of religion; Organized Lying; And non-stop distraction. The most pernicious of them is Non-stop distraction; the more you consume, the less you think.
世界は3つの悪に苦しめられている: ナショナリズム, 宗教に取って代わったもの; 組織的な嘘; 放心状態の進行。これらの中でも特に致命的なのは放心状態の進行; 消費すればするほど、考えなくなる流れ。

These three evils can be summed up in one word: PROPAGANDA.sawa_0803_AR
これら3つの諸悪は総じて1つのことばにまとめられる:プロパガンダ

Culture is the antidote to Propaganda; by ‘culture’ is mean intellectual culture. Thinking involves doubt, all knowledge is uncertain: the Greek word for this is Scepticism. It is the underlying principle of their discoveries and of their civilized values. By this method Democritus put forward the atomic theory in C420 BC.
文化はプロパガンダの解毒剤だ; ここでいう「文化」とは知的文化のことを意味する。「考える」という行為には「疑い」も含まれる、確かな知識など存在しない:ギリシャ語でいうところの『懐疑論』。それは彼らの発見と、文明化された価値観の下に主材として存在する物だ。この方法により、紀元前420年にデモクリタス(ギリシャの哲学者)は原子論を世に展開した。

I would define culture as the cultivation of the individual. (This is very different from today’s cult of the individual – me, me me!)
私は「文化」とは、各個人の修養であると定義する。(現代における「私、私、わたし!」と叫ぶカルト的「個人」とは全く異なる意味である)

Education is of prime importance. We can educate children as individuals or as citizens.
教育は、最も重要なことだ。我々はこどもたちを個人として、あるいは市民として育てる事ができる。

On first consideration, there seems to be no antithesis between the good individual and the good citizen. Surely the good individual is inclined to administer to the good of the whole which is made up of good individuals, but in practical daily life the education which results from regarding a child as an individual is very different from that which results from regarding him as a future citizen.
まずはじめの考察として、良き個人と良き市民の間にはその対照となるモノがないように見える。勿論、良き個人は、良き個人を作り上げ、その全てとなりうる良いモノを担う傾向にある。しかし実際の日常における教育はそれとは全く異なり、こどもを個人としてみなすことにより未来の市民を育てる結果となっている。

Citizens as concede by governments are persons who admire the status quo and are prepared to exert themselves for it preservation. Citizenship as an ideal is inadequate for it involves an absence of creativeness, and a willingness to acquiesce in the powers that be. This is contrary to what is characteristic of the greatest men, and tends if overemphasized to prevent ordinary men from attaining the greatness of which they are capable.
政府によって認められた市民とは、現状維持を賞賛し、その維持の為に動く準備のある人たちのことだ。理想としての市民権は、創造性の欠如とそこに存在する権力に黙って従う事行為を伴うため不適切と言える。これは偉大なる人の特性とは真逆のものである。そして、普通の人が持てる許容範囲での尊厳を得ようとする行為を過度に妨げようとするものだ。
activeresistance

果たしてこの訳はあっているのでしょうか… 解釈間違ってたら教えて下さい、ネイティブさん方。私なりに遊びのわりには頑張って訳したつもり。(笑)- with respect – xxx

◆LINK:https://www.myfdb.com/editorials/2854-arena-homme-editorial-the-argument-vivienne-westwood-s-active-resistance-to-propaganda-summer-fall-2008

★文化 vs ドグマ- Culture versus Dogma」への6件のフィードバック

  1. Nice new pic. But I must disagree with the gist of this post–I consider it perfectly possible to be both a dedicated citizen while becoming and remaining a creative individual. The real responsibility lies with that individual to differentiate between the two roles, to acknowledge their divergence while seeking harmony between them. The most dangerous impediment to this is the intellectual laziness mentioned in opening. . .Just my opinion, of course. Cute how you posit something designed to provoke the very intellectual stimulation you lament as absent (as the phrase goes: “I see what you did there. . .”). ;-p

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中