★311- Active Resistance

wordsend_sawa

最近よくかぶってるキャップ。久しぶりに一目惚れ♥ 表に書いてある Active Resistance (能動的抵抗 ) って言葉に惹かれた。裏に書いてある World’s End は今もイギリスのキングスロード430番地にある、1979年にヴィヴィアン・ウエストウッド が開いたお店の名前。自分のシンガー/作詞家デビュー作になったサントラ「The World Ends with You/すばらしきこのせかい」が思わず浮かんで、即買い。(笑) 買い物苦手なくせに、時々こういう買い方する。ヴィヴィアンさんの『 アクティブ レジスタンス』の意味は次のブログで書くとして…

ワタシの解釈。能動的反抗。ずっと悩んでた自分のPUNK/ROCK精神の所在にこのキャップのおかげでやっと自分なりの答えが出た。対抗することや露骨な反骨精神がかっこ良くない今の時代、「平和」とか「みんなで」とか「わけあって」とか、社会に対して叫んでたROCKとかPUNKって音楽の精神論が合わなくなった時代…なのになんでROCKなんてやってるのか?って話。「シット!」とか「ファック!!」とか言いながら(大方言ってないけど・笑)、何に対抗して怒りをぶつけてるのか?って、ずっとモヤモヤしてたわけ。希望が見えない辛い思い、暗い雰囲気に飲み込まれそうな気持ち、未来(あした)にワクワクできない感覚。そういうの全部に対して反骨精神剥き出しで、私は対抗したいみたい。例え見渡す限りの人が「ここも、この先も真っ暗だよ」って言ったとしても、「光?あるよ!」って言っていたい。

2,3日塞ぎ込んだっていいと思う。限られた命の中で、1週間、1ヶ月、1年… 自分の大切にしたいって思う人たちに少しくらい甘えたって、迷惑かけたっていいと思う。後で「ありがとう」って、心からの笑顔で言えたらいいと思う。「いつでも頼っていいよ」って、大切な人が苦しそうだったらきっと言えると思う。人なんて持ちつ持たれつ、影響され影響しつつなんだし。

3年前の今日の事、みんな色んな風に思い出して過ごしていたみたい。私もその一人。きっかけはなんであれ、「大切なこと」に感謝して、「今」を最大限楽しみながら、細胞が分裂を続ける限りワクワクして生きていたい、て改めて思った。

海外ツアーから帰国する飛行機の中で何も無いただの貧乏インディーズ・バンドマンが、「物資を届けたい」って言い出した。余震も続く中で正直怖かったけど、私も熱意におされて動き出したプロジェクト。5日間っていう本当に短い期間で、広島〜大阪〜名古屋〜東京〜福島、本当に多くの方がちょこっとずつ「自分にできること」をしてくれた結果、トラック2台いっぱいの物資を届ける事ができた。人の底力って凄いよ!!!

世界保健機関(WHO)によると、世界では30秒に1回程度の自殺が起こってて、1日で3000人ほどが自殺で死んでる。日本では1日に90人もの人が自殺してる。幸せの定義、感覚が世代を超えて薬漬けみたいに完全麻痺する前になんとかならんかね?

1人1人の小さなアクションが、少しずつ大きな波紋になってく。今の私にしてくれた全てに感謝して、能動的反抗 to be continued… (笑) いつか絶対にWorld’s Endのドア開けてやるっ!

★311- Active Resistance」への2件のフィードバック

  1. 3-year anniversary–watched “Blossom” again. (I’d say that prayers linger like rain streaking glass, but why hide behind poetry to face pain?)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中