Day 2 in Quito – 楽屋でケチュア語

二日目はついに公演初日!!
ベンハミン・カリオン・エクアドル文化会館国立劇場

The second day in Quito, we had our first stage at Teatro Nacional Casa de la Cultura Ecuatoriana “Benjamin Carrion”.

そしてリハーサル準備が進む中、ステージ通訳をしてくださった笑顔の素敵なヒメーナさんとお話しているとケチュア語について少し教えてくれました。言語に興味がありまくる私としてはそそられまくる!! 今日改めてその時(自分用メモのため)とっさに録らせていただいた動画を見ていたら、興奮のあまりこんなビデオを作ってしまった。(というか、久々にYouTubeも触ったけど、なんとか作れてしまった! 笑)なのでペトっと貼ってみました☆ほとんど私が発音の確認してるだけで…申し訳ない。「もうすぐリハ始まるよ〜」って、いうステージの最終確認してる時だったんだもの。:P

And on the back stage during the rehearsal this lady with beautiful smile taught me a little bit about the Quecha language and it’s culture! Since I’ve got strong interests in LANGUAGE, I was so eager to record it’s sound and kindly she let me do so. And tonight, when I found this video in my messy i-phone album, I couldn’t resist from making this clip! lol

そしてこの翌日もケチュア語に対する興味が冷めず、小一時間ほど一緒に観光してくださったエクアドル文化庁のDavid氏にも質問攻めで色々と教えてもらったところ…
●インカ時代は数字もなかったため、紐に結び目を作って行くことで数を数えたりしたんだって!
●ケチュア語に書き言葉はないらしく、現在子どもたちが学校で習う際もスペイン語で音を再現するかんじで表して覚える。
ということで、David氏が言ったケチュア語で印象深かったものを、私も適当に英語(ローマ字?)で書いてみた。

And on the next day, my interest toward this language got even more heated up and when I got the chance to go for a little walk together with Sr.David from Ministry of the Culture I kept asking about this language and the culture in Ecuador. And below 2 is what I didn’t forget to take a memo. 🙂

①Achachai (あちゃちゃい)
②Ararai (あららい)

ね、なんか響きがカワイクない?
Don’t you think it sounds cute?
ちなみに、どんな意味だと思います??
Can you guess what it means??

答えは… the answers are…
① 冷たい (cold)
② 熱い (hot)

なんとなく「あちゃちゃい」の方が熱そうだと思ったのは私だけ???(笑)
In Japanese when we touched something hot, we say “Achichi” kinda thing (it’s colloquial expression). So when I heard “Achachai” has opposite meaning of “Achichi” in Japanese, this word was in printed in my memory.
以上、私が学んでこれた数少ないケチュア語のご紹介でした。
Well… that’s pretty much all of my very few Quechua language learning.

● wikipedia – ケチュア語

Day 2 in Quito – 楽屋でケチュア語」への3件のフィードバック

  1. HAhah Você está passando bem aí no estrangeiro!
    😀
    Sabe, no cristianismo, se diz que as diferentes línguas são uma maldição de Deus á humanidade.
    Com cada nação falando um idioma diferente, nunca haveria integração, e assim sendo, o homem não iria tentar tornar seu domínio maior que o limite imposto por Deus.

    Sabe a lição que eu tiro desta história?
    Juntos, nosso podemos tudo. Desde para bem, ou para mal.

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中