★ アメリカの先住民の言い伝え – 100 grown-ups to raise1 child –

アメリカの先住民の言い伝えに「一人の子どもを育てる為には100人の親が必要」というものがあるらしい。
長老、女性、青年などさまざまな世代や性別、経験や知識をもった大人たちが親や兄弟のように、子どもたちの面倒を見ていたという。

こうした考えは今のアフリカ社会にも残っていて、たとえば親や親戚を紛争で亡くした孤児たちは、近所の人たちが当然のことのように育てている。
その中で、叱るときは叱り、自分の子どもと同じように学校にも通わせたりします。コミュニティーの大人全員が教師として全ての子どもの教育をおこなっているようなものだといえるかもしれない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中